スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
てs
てs
| 雑記 | 21:50 | comments(11) |
バッカーノ!2002【B side】 Blood Sabbath
評価:
成田 良悟
メディアワークス
¥ 662
(2007-11)
太平洋上を舞台に、封鎖されたクレイジーな夜が再現される!
 私の名前はコピーキャット(模倣犯)。
 私は単なる模倣犯(コピーキャット)。
 模倣すべきは悪意と偶然。
 一つの世界を再現しましょう。
 あの時の豪華列車を再現しましょう。
 閉じられた世界を再現しましょう──。

 双子の豪華客船は未曾有の危機に瀕していた。シージャックされていくチェスの乗る『エントランス』。だが、そこに衝突しようと迫るもう一方の『イグジット』は、不死者を狙う輩により壊滅的状況に。その船上に存在したモノとは──!? 惨劇のフィーロの新婚旅行の行方は──!?
 そして、物語は核心へと近づいていく──!!





フェルメートおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!???????????



ちょ、こいつやべえかなりやべえヒューイはまだ理性がみえかくれしたけど、こいつにはそれがないよ、フェルメートやべえよ。せっかくチェスが幸せになれるかと思ったのに、やっと、解放されたと思ったのに。思ったのにいいいいい!!!
ヒューイの目的が 世界の全てを知ること なのだとしたら、
フェルメートの目的は チェスで遊びながら生きること なんじゃない?
エルマーがかなり普通のキャラにみえるくらいにフェルメートのやばさが際立ったよ。

1900年代はヒューイが。
2000年代はフェルメートが、色々と起こすのですか。

ブライドがヒューイを知らなかったことからもそれがわかりますね。あの宗教には直接的に関係がないからヒューイのことは判らなかった(調べてもあがらなかった?)のかな。けどエルマーの周りを調べれば自然とわかるはずなのになぁ。うーん、違和感が。



ルネは誰かに喰われているのですね。誰だろうか。フィーロ、ヒューイのどっちかかな。それ以外は考えられないなー。
ナイルが殴り飛ばされたというのは誰にやられたんですか、そこkwsk。静ちゃんですかトムですか二人にですかどれですかー!(二人以外の選択肢はない
| 感想>小説 | 23:38 | comments(1) |
BLACK BLOOD BROTHERS 8 ―宣戦恋歌―
特区から逃れ、十字軍の本拠地のシンガポールに身を寄せたミミコは、新しい対吸血鬼組織のシンボルになることを要求される。さらに豪王フォワードからも政略結婚の申し込みまで受けて……!? 急展開の長編第8弾!





てなわけで、第三部はじまりましたね!
特区から逃げてきてシンガポールへ身を寄せて。
ミミコがほっとんどうじうじしていてイライラしましたが、ジローとコタロウにあったあとからの立ち直り具合がGJだったのでよしとしましょう(えらそうだな

今回見所が多すぎて読み終わったあと息切れおこりましたよ。

・豪王の登場
やー、わかい。わかいとは思っていたけれどまさかミミコよりも身体的には若いとは。そして登場してすぐに求婚と か ! さすがというべきですか。

・ウォーロック家三姉妹
うん、なんというか…。
やっぱりね!
ケインがやろうとしていること。とにかく成功するのを祈るしかないですよね。黒姫に厳命されたのだし。ケインならやり遂げるだろうけれども!

・サユカとバウワウ卿
西の虎仙がもらしていたからもしかしたら、と思っていたらまさかのセイ、ぬいぐるみ化(笑)
いやー。ね。うん。この後どうなるんでしょうねセイは。
サユカ、意外とジャージ似合うね。このあとの彼女の活躍に期待。



九龍兄弟のやりとりはやっぱりいいなぁ。こう、ほのぼのするというか。みているとなごむというか。九龍兄弟大好きです。

次巻はさてはてどうなることやら。
| 感想>小説 | 17:01 | comments(1) |
バッカーノ!2002【A side】 Bullet Garden
評価:
成田 良悟
メディアワークス
¥ 578
(2007-10)
双子の豪華客船が太平洋上ですれ違う時、惨劇は始まる──。

 フィーロとエニスの『新婚旅行』に同行し、チェスは日本に向かう豪華客船に乗り込んだ。太平洋上のど真ん中で同型の双子の船とすれ違うイベントもある超豪華客船。ハリウッドスターやスタントマンの少年、映画のセットなどなど、船上イベントの準備も順調に進んでいた。
 だが船の内奥では、密航者の子供達が乗り合わせるだけでなく、謎の集団によって占拠されていき、その集団を追ってきた『猟犬』を交えて混沌に呑み込まれていた。シージャックの目的とは何か? もう一方の船で何が起きているのか? そして、追いつめられたチェス達を襲う『違和感』の正体とは──!?





直感はあたったよ。カラーみたときにもしやと思ったんですよあの二人。
んで、最初に出てきて、ああやっぱりと。

クレアとシャーネの孫ktkr!!!

無事(?)結婚できたんですね。ヒューイの反対はなかったんでしょうか。1930年代一体何があったんでしょうねぇ。シャーネは嫁にもらいますお義父さんとかふっつーに初対面で言いそうですねクレアならば。
そして九十すぎているのに相変わらずのようで。海もぐってるって、おま! すげーなさすが最強。
二人のことも1935年以降順次書かれるのでしょうか。うーん、楽しみ!

さてさて二人のことはおいといて、チェス!
2002年のことがあってまたひとつ大人になったというか、気持ちの整理がついたんでしょうねぇ。二人が帰ってきたとき、フィーロをみてなんて思ったんだろう。チェスは大爆笑してほしいです。
新婚旅行行ってなかったんだね…。まあ二人らしいけども。
表紙のエニスの指にちゃんと指輪がはまってて、感慨深くなりました。うおお…! がんばった、がんばったねフィーロ!
結婚式が血の惨劇って何があったんでしょうね、何やったんでしょうね。やべぇちょうみてえ。エニスがウェディングドレスのまんま格闘とかしたんでしょうか。途中で邪魔になってスカートびりびり破いちゃったりしたんでしょうか。うわーみってえ!


…無駄に脱線してますね。
本編に話を戻して。
とりあえず最後まで読んだ感想としては、これ絶対二冊じゃ終わらない。絶対無理。何冊使う気だ。
いくつかBとのつながりも出ていますが、あれが何を意味するのかはまだまだわかりませんね。Bには誰がいるんだ、あっちには誰が乗ってる!?
予測1・クレア(ありえなさそうでありえそうなのがこいつ)
予測2・初期錬金術師の誰か(エルマーあたりでもいいけどこいつならあんなに人は死なないね)
予測3・クリストファー(何やってんだ)
あたり? うっかりグラハムとか書きそうになったけど生きてても老人だったね、こいつは。まあ死んでそうだけど。兄貴も同じく死んでそうだけど!
新キャラということもありそうだけど…うーん、今までに出てきた(存在だけでも)キャラだと思うんだけどなぁ。


今回全てにわたってチェスがかわいすぎました。あの子かわいいよチェスかわいいよチェス。大好きだよ。DAISUKIだよ!(おちつけ


とりあえず来月のBをwktkしながら待ってます。
| 感想>小説 | 17:01 | comments(0) |
女王国の城 (創元クライム・クラブ)
評価:
有栖川 有栖
東京創元社
¥ 2,310
(2007-09)
舞台は、急成長の途上にある宗教団体の聖地、神倉。大学に顔を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、そして就職活動中の望月、織田も同調、4人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。〈城〉と呼ばれる総本部で江神の安否は確認したものの、思いがけず殺人事件に直面。外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は決死の脱出と真相究明を試みるが、その間にも事件は続発し……。江神シリーズ待望の書き下ろし第4長編。





久々。
ほんっとーに、久々の江神シリーズの最新刊。しかも長編。
これを喜ばずして何を喜べというのというくらいに待っていました。
約10年ですよ、10年。私は待っている月日的にはまだ7年ほどなのですけれども、それでも長かった。
前巻「双頭の悪魔」と同パターンのようで逆パターン、となるのかな?
今度は外に出るためにEMCが右往左往。
江神さん救出となると前巻と同じになってしまうけれど今回は全員が城から出られなくなるというもの。

前半はひたすら状況説明と異空間(苦笑)の説明、宗教概念などの説明がほとんどで読んでいると訳わからなくなります。
深く考えちゃだめだよなこのあたりは。
中盤あたりからやっと事件が動き出します。
ついつい被害者がでたときにはやっとかと思ってしまいましたよ。
それほどまでに長い。

んで、事件部分。
最初起こったすぐあとから軟禁されるメンバー+α。
ご飯たべたりあれこれ推理したりしながらすごすのですが、この夜がまた長い。
全体的に長いというイメージが。けどするっと読めてしまうのがこの人の作品なんですよねぇ。

次の日になってからはまさにアクション! という感じで。織田かっけー!!
外に出れた組と中に残った組。それぞれ事件があってそれが解決編でひとつにつながる。と。

途中まで犯人この人かなーと思っていたのですが、読者への挑戦の前であえなく挫折。矛盾がどうしても解消できなくて。
神倉の人だということまでは判ったんですが、ねえ。
まだまだです。

犯人がわかったあとの江神さんの反応とかが、もうもうもう! 泣きそうになりましたよ。
江神さんもあの人もそして二人の家族も縛り付けられてしまったんだなぁと。
本当は言いたくなかったのかもしれないし、けど判ってしまって自分たちが出るためには言うしかなかった、のかな。江神さんの考えることは判りません。


次巻は多分、最終巻。予定通りにいけば、ですけれども。
先生が後書でものっそい発言してるからなぁ。どうなることやら。
| 感想>小説 | 10:15 | comments(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS